Interviewスタッフインタビュー
石原石原

実力主義だからこそ、高みを目指せる。
1人ひとりの努力に気づけるリーダーでありたい。

石原

舞洲営業所 班長、現場リーダー

石原 石原

仕事にも、人にも、誠実に向き合う姿勢を大切に。

「ここは実力主義だから」とアルバイトの面接でお話をいただきました。社員だからとかアルバイトだからという立場はあまり関係なくて、平等に仕事のスキルを見てくれるのかなって感じて地道に頑張ってきた結果、契約社員時代(現 有期限定社員)から現場リーダーを任せていただきました。正社員登用もあるとは知っていましたが、正直、謳い文句で書いてあるんだろうと思っていたのですが、それから2年弱で正社員にも登用していただきました。継続的に評価していただいた理由として、何か大きな実績を残してきたというよりは、ただただ真面目にやってきて、小さなことをきっちり対応してこられたかなと思っています。仕事する時に一番気を付けているのは対人関係です。仕事自体はすごく単純なのですが、みんながみんな同じレベルではないですし、言い方一つで分からない人もいるし、現場のリーダーとして人の能力を見極めて、この人はここまで言わないと分からないという部分を常に気にしています。人によってもどの仕事を任せられるか判断して、作業の負担がかかりすぎないように配慮しています。

石原

現場を上手に進めるだけでなく、スタッフの素質を伸ばしたい。

現在は製薬メーカーさんの荷物を扱う倉庫内で、入出庫の段取りやパート・リフトマンなど作業員さんの動きを見ながら全体をまとめています。この仕事は毎日同じ様なことをしているようで、入出荷量が違ったりお客様からのイレギュラー対応があったりで、うまくこなせる日もあれば思うように進まない日もあります。現在担当しているメーカーさんは、翌日の出荷分データを前日にはもらえるので、ある程度前倒しで作業ができるのですが、行けるだろうと思っていても作業員さんの欠勤や予定外の物が入ってくると流れは変わってきます。最初の頃は急な対応ができず焦ることもありましたが、今では落ち着いて優先順位を決めて進めることができるようになりました。私自身の現在の課題はリーダー格となるスタッフを増やすということです。現場の作業もリーダー業務も行う中で、なかなか育成まで手が回っていないのが悔しいところですが、どんなに仕事ができるようになっても、リーダーとしての素質に関してはまだまだ教え切れていないなと感じています。作業員の方が増えていくにあたって、現場をまとめるリーダーを育てることは必須ですから、少しずつでも取り組んでいきたいと思っています。

努力を評価し、士気を高める。
頑張りがいのある環境を提供していきたい。

今後ですが他の作業員さんから見て、「この人は頼りになるな」とか「この人に相談したら何とかしてくれるだろう」と思われる存在を目指していきたいです。社内的なポジションを昇進していくことにはそこまで興味が無くて、スタッフの方に信頼してもらえて、気軽に頼ってもらえる関係性を築いていきたいです。また、これは個人的なことですが、1人ひとりの仕事ぶりをもっと見て、しっかりと評価してあげたいなとも思っています。やはり努力した分の評価がもらえて初めて仕事のモチベーションに繋がってくると思いますし、私自身も「実力主義」ということを言っていただいて「だったら一生懸命頑張ろう」という気持ちになれました。高みを目指すという意味でも、頑張っているスタッフは評価して、1人ひとりの士気を上げていくのもリーダーとしての大切な役割だと感じています。これから現場スタッフとして働いてもらう方々は、倉庫内での色んな人との出会いや、努力が形になるこの環境を思う存分楽しんでいってほしいと思います。