Interviewスタッフインタビュー
安部安部

不可能を可能にする、日立物流グループの機工技術。
壮大でグローバルな仕事があなたを待っています。

安部

広島機工営業所 岡山機工 係長

安部 安部

電力設備の輸送や英国車両の一貫受注まで。
創業期から成長を遂げ続ける、日立物流グループの中核事業です。

重量・機工事業の始まりは、日立物流の創業期にまでさかのぼります。当時から各種ボイラー、原子炉、発電機、水車などの電源設備の輸送を得意とし、日本の電力発展に大きく寄与してきました。現在では地熱発電やバイオマスといった新エネルギー設備の輸送に加え、鉄道車両や精密機器、医療機器、工作機械などさまざまな重量物も運搬しています。ときには100トンクレーンを使った作業を行うこともあり、幅広い荷物の運搬に携われることは重量・機工事業ならではの醍醐味です。最近では英国の国家プロジェクトでもある都市間高速鉄道のリニューアルを正式に受注。車両部品の調達から日本での車両組み立て、完成車の納入を一貫して請け負い、プロジェクトの管理や施工にかかるコストの低減を実現しています。海外のローカルスタッフやパートナー企業の方とも綿密に連携するため、グローバルな業務スケールに充実感を味わうことも可能です。私は現在、広島機工営業所の業務係として岡山で業務を担当しています。主な業務は安全書類の作成や簡単な搬出入作業の補助などです。作業ではオフィス用の室外機や銀行ATMの設置、事務所の移転作業などを行っています。

安部

辛いこともある、それでも乗り越える価値がある。
人々の生活を守る「機工プライド」を胸に。

私たちの仕事は重量物の運搬や設置といった大掛かりな仕事になるため、お客様の通常業務にさしつかえがない日に作業に入ることが多いです。そのため、夜間の業務や土日祝日でも仕事が入る事ももちろんあります。ただ、休みはしっかり別の日に取る事ができます。また、日単位や月単位、プロジェクト単位で九州地方や広島などへ出張に行くこともあります。移動のために朝早い集合時間になることもありますが、現場では短時間で終える作業もあり、勤務時間帯も業務によって日々変わっていきます。時間の融通という面では自由にいかない部分は多いですが、それでも私たちが扱う物はどれも人々の生活になくてはならない物ばかり。産業機器や発電機器、医療機器などの重量物を、長年培った高い専門技術とノウハウで安全確実に輸送、移設し終えたときの達成感は格別です。日立物流グループだからこそできるスケールの大きい仕事、どれだけの大型品でも繊細な取り扱いでお客様に感謝していただける喜びこそが、重量・機工事業に携わっている者のやりがいです。